アコード整体院

店長ブログ

ホーム > 店長ブログ > 美容

上半身矯正とバストアップについて

胸の悩みは女性の方なら少なからずあるものだと思います。

・加齢による下垂

・離れている

・小さい又は大きい

などなどあるかと思います。

 

バストアップしたい!

サイズアップしたい!!

きれいな形の胸になりたい!!!

 

女性なら皆さん、解決したいスタイルの悩み

今回は長文になるかと思います。

 

まずは胸(おっぱい)ってどういう風になっているかというと、

基本的に胸筋群の上に脂肪と乳腺があります。

図のようになっているのですが、

バストサイズが変わるのは、乳腺部分・脂肪部分の厚みによって変わってきます。

まずはサイズのお話をさせて頂きます。

 

①サイズを小さくしたい方

脂肪細胞を小さくするのが早道です。つまり痩せましょう。

基本的には体脂肪率を減らせば小さくはなっていきますが、

元々もっている脂肪細胞の個数は遺伝的要素も大きい(痩せやすい・にくいの差はここにもあります)ので、

全体的に痩せても大きくて困っている方は部分痩せで効果が出るようにしましょう。

もちろんACCORD整体院でも部分痩せの効果がある施術メニューはございます。

おっぱいを小さく見せようとサラシを巻いたりしても、小さくは段々となっていきます。

 

②サイズを大きくしたい方

・乳腺を発達させる

・脂肪をつける

 

基本的には上記の二つのことをやっていきましょう。

乳腺を発達させるには女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のエストロゲンが関わってくると言われています。

『好きな人に揉んでもらいなよー』

と言われるのはこのことになりますが、好きな人にが重要な部分です。

嫌いな人に触れられても女性ホルモンは大量には分泌されません。

またエストロゲンと大豆イソフラボンの化学構造式が似ていることから、

豆乳や納豆も効果は期待されます。

 

脂肪をつける

筋肉の多いところに脂肪はつきやすいと言われています。

胸筋群を鍛えるといいと言われているのはこのためなのですが、

全体的に太って、胸以外の部分を痩せさせる方が女性らしいおっぱいを作るにはいいかと思います。

以前は小さくてTVでもいじられていた益若つばささんが急に大きくなったのは、

5キロ太って、胸以外を痩せさせたということです。

 

でもそれより前に試してみてください!!

ブラジャーの正しい付け方を知っているという方はいいのですが、

正しくブラジャーを身に着けることが出来てない女性が多数です。

 

正しく下着がつけられれば、おっぱいの位置はものすごく変わります。

変わることでのメリットも多いです。

①サイズアップ

②バストアップ

③きれいなバストになる(離れているのにも効果は期待されます)

④姿勢がよくなる

⑤姿勢がよくなることで肩こりや腰痛にも効果が期待できる

⑥姿勢がよくなることでウエストのサイズもダウン

 

特に肩こりで悩んでいる方は、まずブラジャーを正しい位置でつけてみてください。

えっ!?こんなにちがうの!?

という感覚がわかるかと思います。

 

筋肉も骨格も皮膚も脂肪も、細胞というものは記憶します。

例えば、野球でバッティングやピッチングの技術が向上するのはこの記憶によるものだし、

またブランクがあっても努力をすれば以前のように出来るようになるのも、この記憶のおかげです。

なので正しい位置でブラジャーをつけるようにすると、着けてない時でも以前と比べた時に変化が出てきます。

ただし、正しい位置でブラジャーをつければいいだけではありません。

例えば、ある程度脂肪がある方で横紐の部分からお肉はみ出してる方、

ブラジャー変えてください!!

きちんとしたいい下着を着用してください!!

今のままでいいならいいんですけど………

 

他の記事にもあるようにACCORD整体院の美容整体の施術では骨格の矯正と筋肉をほぐすことで

(向かって左が施術後、右が施術前)

写真のように1回の施術で効果がありますが、その効果を持続させたいということであれば、

きちんとしたいいブラジャーをつけないと効果は半減です。

肩こり対策

筋肉が硬くなる原因のひとつに、姿勢の問題があります。

 

デスクワークが多くなった時代で猫背になってる日本人は9割らしいです。

 

ACCORD整体院に来られるお客様もほとんどの方が、

 

肩ぐちの骨が前に出ている(肩甲骨が外に開いている)タイプの猫背の方が多いです。

 

そんな方にオススメの肩こり対策は動的ストレッチです。

 

 

動的ストレッチとは、簡単に言えばラジオ体操みたいに、屈伸とか伸脚とか肩を回したりする動きです。

 

筋肉の収縮を繰り返す動きが動的ストレッチになります。

 

その中でどの筋肉を意識して動かすといいかというと、肩甲骨と背骨の間の筋肉、

 

脊柱起立筋や菱形筋という名前の筋肉群になります。

 

 

☆やり方☆

 

①腕を天井に向かって伸ばし手のひらをくっつける

 

②限界ギリギリまで伸ばす(この時は3秒ほど頑張ってください)※二の腕が耳より後ろ・しっかり前を見る

 

③手のひらをひっくり返しながら肘を曲げて、腕を下ろしてくる※背中で両腕の肘がくっつくイメージ

 

④限界ギリギリまで肘をくっつけようとする(この時も3秒ほど頑張ってください)

 

①から④までを15回~20回ほど繰り返す

 

 

 

以上になりますが、動きそのものはゆっくりおこなった方が良いです。

 

肩甲骨の動きも良くなり、姿勢も良くなる一石二鳥のストレッチです。

 

しかも女性はバストアップの効果も期待できます。

 

ちなみに、立ち姿勢で行わないとダメですよ。

新着記事

月間アーカイブ

カテゴリ一覧

RSS

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはお気軽に TEL.042-522-1618 [営業時間]10:00~20:00(最終受付)

店舗情報

営業時間
平日
10:00~20:00(最終受付)
土日祝
10:00~20:00(最終受付)
定休日:毎週水曜日
アクセス
立川市柴崎町2-1-4
トミオー第二ビル502
立川駅南口より徒歩2分
立川市柴崎町2-1-4 トミオー第二ビル502 立川駅南口より徒歩2分
詳しくはこちら

ご予約・お問い合わせはお気軽に TEL.042-522-1618 [営業時間]10:00~20:00(最終受付)

お問い合わせはこちらから